FC2ブログ
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

medianews

Author:medianews
30代男性。


防犯/CD/DVD/銀行/旅行/価格

ブロとも申請フォーム

マスコミ事件簿

マスコミによる犯罪を中心に記録していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
テレビ朝日:副部長を公務執行妨害容疑で逮捕 神奈川県警
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090411k0000e040016000c.html
 テレビ朝日編成制作局担当副部長の男性(45)=横浜市青葉区=が9日未明、公務執行妨害容疑で神奈川県警青葉署に現行犯逮捕されていたことが分かった。同署によると、10日に釈放されたという。
 逮捕容疑は9日午前2時5分ごろ、同区あざみ野2の交番前路上で、男性署員(42)の頭を殴り、かぶっていたヘルメットの一部を壊したとしている。
 青葉署によると、副部長を乗せたタクシーの運転手(60)が、無人の交番から同署に「客が寝込んで起きない」と連絡。駆けつけた署員が声をかけたところ「うるさい」と殴りかかった。副部長は帰宅途中で、「酒に酔って覚えていない」と話していたという。
 テレビ朝日は「社員が逮捕されたことは誠に遺憾。今後このようなことがないよう指導を徹底する」とコメントした。
毎日新聞 2009年4月11日 10時58分(最終更新 4月11日 12時39分)
スポンサーサイト
テレビ朝日 / 2009/04/11 10:20
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
テレビ朝日:横領報道で倫理違反 謝罪放送
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090406ddm041200055000c.html
 徳島県の土地改良区を巡る横領事件を伝えた08年7月のテレビ朝日系「報道ステーション」について放送倫理・番組向上機構(BPO)が重大な放送倫理違反があったと認定した問題で、同局は5日放送の「はい!テレビ朝日です」の中で謝罪した。
 放送倫理違反とされたのは、事件と直接関係のない野中広務・全国土地改良事業団体連合会会長の映像を流した点など。「今回の決定内容を真摯(しんし)に受け止め放送倫理と人権に十分配慮してまいります」などと述べた。
 同局系「情報整理バラエティー ウソバスター!」が1月、スタッフの自作ブログを実物と紹介した問題についても「重ねて視聴者の皆様におわび申し上げます」と謝罪した。「過剰な演出が放送法に抵触する」と総務省に厳重注意されていた。
毎日新聞 2009年4月6日 東京朝刊
テレビ朝日 / 2009/04/06 10:24
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
テレビ朝日:自作ブログ紹介で厳重注意 総務省「過剰演出」
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090401ddm041040013000c.html
 テレビ朝日が1月10日に放送したバラエティー番組「情報整理バラエティー ウソバスター!」で、制作スタッフが撮影用に自作したインターネット上のブログを実物として紹介した問題で、総務省は31日「過剰な演出があり、放送法に抵触する」としてテレビ朝日を厳重注意した。
 テレビ朝日によると、スタッフは番組で紹介するため6件のブログ画面を撮影用に再現。そのうち5件は本物の存在が確認できたが、1件はスタッフが過去の記憶を頼りに作成したもので、実在するかの確認はできなかった。テレビ朝日は「実在したブログのコピーの紹介で、捏造(ねつぞう)ではないと考えている」とした上で「チェック体制の充実、スタッフの意識向上に努める」とコメントを発表した。
毎日新聞 2009年4月1日 東京朝刊
テレビ朝日 / 2009/04/01 10:26
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
『報ステ』スタッフ2名の大麻逮捕でも古舘伊知郎「だんまり1か月」
http://www.weeklypost.com/080829jp/index.html
「報道に携わるものとして」「信頼を失わないために」の決め文句はどうなった?

8月14日のテレビ朝日『報道ステーション』。番組中盤に、そのニュースは報じられた。
河野明子アナ。
「東京都内のテレビ番組制作会社の社員らが、
社内で大麻を譲り渡しているなどとして逮捕さていたことがわかりました」。

古舘伊知郎のコメント。
「本当に残念です。麻薬に手を染めるなどもってのほか。それは当然のことです」。
まるで他人事だが、実は逮捕されたのは、当の『報ステ』のスタッフなのだ。
テレ朝はこの不祥事に、組織ぐるみでなんと1か月以上も“だんまり”を決め込んでいた。
その事実を本誌に突きつけられ、慌てて番組で報じた次第。
(週刊ポスト 2008年8月29日号)
テレビ朝日 / 2008/08/18 11:38
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
テレ朝がワイセツ記者に出勤停止10日間
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080527-365168.html
 テレビ朝日は27日、都内で行われた定例社長会見で、公然わいせつの現行犯で15日に逮捕された司法担当記者に対し、27日付で、出勤停止10日間の処分を決めたと発表した。報道局から外す人事異動を検討している。報道局長とニュース情報センター長、社会担当部長もけん責処分とした。君和田正夫社長は「過去の例を参照し、初犯であること、実名報道され社会的制裁を受けていることを考慮した」と説明した。同記者は、26日に起訴猶予処分となっていた。
[日刊スポーツ 2008年5月27日20時28分]
テレビ朝日 / 2008/05/28 11:21
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
起訴猶予 公然わいせつのテレ朝記者
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080526092.html
 東京地検は26日、東京都港区の路上で、歩いていた20代の女性に向けて下半身を露出したとして、公然わいせつの現行犯で逮捕されたテレビ朝日の男性記者(29)を起訴猶予処分とした。
 地検は処分の理由を「本人が反省しており、実名報道されて社会的制裁も受けているため」と説明している。
 記者は今月15日午前0時ごろ、港区南青山5丁目の路上で下半身を露出した疑いで警視庁赤坂署に逮捕され、翌日釈放されていた。
 テレビ朝日広報部は「地検の処分を重く受け止めている。社内の処分はなるべく早く厳正かつ適切に行いたい」とのコメントを出した。
[ スポニチ 2008年05月26日 20:38 ]
テレビ朝日 / 2008/05/26 20:52
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
映像無断再使用でテレ朝が謝罪、解決金100万円払う
http://www.asahi.com/national/update/0522/TKY200805220078.html
 テレビ朝日(東京都港区)が、北朝鮮で撮影した映像を同局に提供した日本人男性から映像を無断で再使用されたと抗議を受け、裁判所の調停により男性に謝罪し、賠償金100万円を支払っていたことが22日、分かった。
 テレビ朝日によると、たびたび北朝鮮を訪れていた男性から04年以降、同国の街並みなどを映した映像の提供を受け、「スーパーJチャンネル」などの番組内で放送した。しかし男性側から昨年、映像が無断で複数回にわたり「報道ステーション」などで再使用されていると抗議を受け、何度か両者で話し合ったが解決しなかった。男性側が東京簡裁に調停を申し立て、先月18日に調停が成立、調停文には同局が男性に謝罪し、解決金として100万円を支払うことが記されたという。
 テレビ朝日広報部は「男性側とは見解の相違があったが、裁判所で調停が成立したのは事実だ」としている。
(朝日新聞 2008年05月22日10時49分)
テレビ朝日 / 2008/05/22 11:23
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
表参道の路上で下半身露出、テレ朝記者を逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080515-OYT1T00389.htm
 警視庁赤坂署は15日、テレビ朝日報道局社会部記者の島本光規容疑者(29)(東京都目黒区)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。
 同署副署長によると、島本容疑者は同日午前0時ごろ、港区南青山の表参道交差点付近の路上で、通り掛かった20歳代の女性に向かって下半身を露出したところを、近くにいた同署員に取り押さえられた。
 島本容疑者は司法担当記者。当時は仕事中で酒は飲んでいなかったという。
 テレビ朝日広報部は「報道に携わる者が、このような容疑で逮捕されたことは誠に遺憾」とコメントしている。
(2008年5月15日12時27分 読売新聞)
テレビ朝日 / 2008/05/15 16:04
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
「アダルトチルドレン」発言で、古舘氏が謝罪
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080214/biz0802142352022-n1.htm
 14日放送のテレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」で、メーンキャスター、古舘伊知郎氏が前日のニュースの中で「アダルトチルドレン」という言葉を誤って用い、関係者を傷つけたと謝罪した。

 古舘氏の説明によると、問題の発言をしたのは、13日放送の「18歳は成人か」というニュース。古舘氏は「大人になりきれていない子供」という意味で「アダルトチルドレン」を使った。しかし、アダルトチルドレンは一般的に、アルコール依存症の親に育てられるなど機能不全家庭で育ち、成人になってもそうした体験が心的外傷として残っている人を指す言葉。古舘氏は14日の同番組の最後に、「本当に苦しんでいる人に申し訳ない。以後気をつけたい」と神妙な面持ちで謝罪した。

 「報道ステーション」は、日本マクドナルドの調理日改竄(かいざん)をめぐる報道で過剰な演出があったとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が今月4日、反省を求める意見書を出したばかり。
(産経新聞 2008.2.14 23:52)
テレビ朝日 / 2008/02/20 15:53
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
テレ朝が誤報! ありもしない“捏造報道”報じ大混乱
「対日攻撃の材料を…」
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_02/g20080206toku_all.html
 “殺人ギョーザ”事件に関連して、テレビ朝日が1日のニュース番組で中国の現地紙の記事を誤訳し、「一部の中国のメディアが、毒ギョーザ事件は日本のメディアの捏造(ねつぞう)だと報道している」と誤って報じていたことが明らかになった。ニュースを見た自民党議員が「けしからん!」と激怒し、中国側に抗議するよう外務省に要請。同省で確認したところ、誤報と判明した。

 テレビ朝日は1日のニュース番組で、ギョーザ事件に関する中国メディアの反応を紹介。共産党幹部向けの新聞「参考消息」の1日付紙面を引用し、「日本のメディアが毒餃子事件を捏造 輸出検査は合格と中国は表明している」と報じた。

 さらに人民日報の姉妹紙「環球時報」を取り上げ、「日本のメディアが中国製ギョーザを包囲、攻撃している」との見出しを紹介。「『中国の輸出食品の99%以上が安全で、日本の保存過程に技術的問題があったか、誰かが故意に行った可能性が排除できない』などとしている」と伝えた。

 こうした現地紙の“報道”を根拠に、女性アナウンサーはニュースのなかで、「一部の新聞は『日本のメディアが毒ギョーザ事件を捏造している』などと伝えています」と紹介していた。

 ニュース番組では現地紙の映像を映していたが、このうち「参考消息」の見出しは「日媒体炒作“毒餃子”事件」となっており、日本語訳は「日本のメディアが“毒餃子”事件を騒ぎ立てている」が正しく、「捏造」や同意語の「虚構」といった表現は見当たらなかった。

 このニュースは、2日に自民党本部で開催された「輸入食品の安全性に関する緊急対策本部」の会合で取り上げられた。番組を見た議員が中国の“捏造”報道に激怒し、外務省に「けしからん話。中国に抗議すべきではないか」と申し入れる騒ぎになった。

 外務省も一度は大慌てしたが、省内の中国課で現地の新聞とテレビ朝日のニュース内容を確認した結果、現地紙の誤訳による誤報であったことが確認された。5日の緊急対策本部の第2回会合の席で、外務省の担当者は「報道のような事実はなかった。テレビの翻訳の誤り」と説明したという。

 “殺人ギョーザ”事件報道をめぐっては、日本の警察当局は、中国の工場で混入したとの見方を強めているのに対し、中国側は暗に日本国内で混入した可能性も示唆している。インターネット上でも事件の責任の所在をめぐって、日中間で激しい応酬が繰り広げられている。

 こうした状況下、今回のテレビ朝日の誤報に、自民党議員らは「ありもしない“捏造報道”を報じたため、かえって日本のメディアを攻撃する材料を与えてしまった。ただでさえ日中間にしこりを残しかねない問題なのに、さらに感情的なこじれを助長する可能性がある」と話している。

 テレビ朝日広報部は6日午前、誤報問題について「担当者がいないので、いまのところコメントできない」としている。

(ZAKZAK 2008/02/06)
テレビ朝日 / 2008/02/06 11:04
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/ 次へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。