FC2ブログ
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

medianews

Author:medianews
30代男性。


防犯/CD/DVD/銀行/旅行/価格

ブロとも申請フォーム

マスコミ事件簿

マスコミによる犯罪を中心に記録していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
新潮裏付けあったか 「雑誌報道史に禍根」識者ら批判 朝日襲撃「手記」否定
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090409/crm0904090731006-n1.htm
 衝撃的な手記は「虚報」だったのか。「自分がやったんじゃない」。一連の朝日新聞襲撃事件について「実行犯」として週刊新潮(新潮社)が手記を連載した島村征憲氏(65)が、産経新聞の取材に手記の内容を自ら否定した。新潮は16日発売号で手記を載せた経緯などについて明らかにするというが、記事の根底が崩れる中、どのように説明責任を果たすのか。識者からは「虚報であるならジャーナリズムの歴史に大きな禍根を残す」との厳しい声が上がっており、問題は拡大の様相だ。
 朝日新聞の報道や関係者の話などを総合すると、島村氏は詐欺罪で北海道の網走刑務所に収監されていた平成17年4月ごろ、朝日に手紙を投函(とうかん)。手紙のやりとりの過程で同社阪神支局の襲撃犯と告白し、18年5月に朝日記者2人と特別面会が実現したが、結局、朝日は真犯人ではないと判断した。
 島村氏は朝日の取材に対し、犯行動機などいくつかの重要な点について、新潮の手記とは全く別の証言をしていたといい、発言内容そのものが変遷しているとみられる。
 一方で島村氏は他の雑誌にも犯行関与を告白する手紙を出したが、具体的な反応があったのは週刊新潮だけだったという。島村氏は今年1月4日に出所。以後、新潮は島村氏への対面取材を重ねたとされる。
 こうした「告発者」をめぐっては、報道側に慎重な対応が求められる。週刊誌関係者は「『積極的な告発者』は、交渉の末に得た取材源と違って、金銭や売名、中傷目的だったりすることがある。そこを見極め、きちんと裏付け取材をしなければ単なる代弁者になってしまう」と話す。
 新潮は手記について、阪神支局襲撃事件での犯行の様子など詳細な島村氏の証言が「秘密の暴露」になり得るとした。島村氏は産経新聞の取材に、「配下の人間にやらせた」と犯行に関与したとの主張は崩していないが、手記の前提となる「実行犯」や複数の秘密の暴露についてはあっさりと否定した。
 別の報道関係者は「重要なのは証言したことではなく、内容の検証作業だ。証言がぶれている以上、『取材時に本人はそう言っていた』では無責任すぎる」と指摘する。
 週刊文春も9日発売号で島村氏が実行犯を否定した内容の記事を掲載。週刊文春によると、新潮は文春の質問文への回答で、島村氏と交わした「覚書」の存在を明らかにした。内容は「手記はすべて事実であり、今後、私自身が『手記の内容は虚偽だった』と書いたものが発表されても、それは脅迫により書かされたものである」との趣旨という。こうした文書を報道側が取材対象者と取り交わすことは極めて異例だ。
 新潮は産経新聞の取材に覚書の存在を認めた上で、「『脅迫行為により虚偽の証言を強要される』ことを恐れていた島村氏が自発的に文書を書き、編集部が預かっていたものにすぎません」と回答している。
 今回の問題について、メディア事情に詳しい立教大の服部孝章教授は「島村氏が証言を翻すまで、なぜ訂正できなかったのか。新潮の眼力のなさを暴露したようなもので雑誌の歴史に禍根を残す騒動だ」と厳しい見方を示す。ジャーナリストの大谷昭宏氏は「時効まで捜査してきた警察当局に当たれば、証言の信憑(しんぴょう)性はすぐに確認できたはず。新潮は取材源の秘匿を隠れみのにして、裏付け作業を怠ったのではないか」とし、「新潮ジャーナリズムは国会議員を辞任に追い込むようなインパクトのある記事を載せてきた。今回の件は残念だが、新潮と朝日の両者が納得する形で解決策を見いだしてほしい」と語った。
     ◇
 朝日新聞襲撃事件 昭和62年5月3日午後8時15分ごろ、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に目出し帽姿の男が押し入り、散弾銃を2発発射、小尻知博記者=当時(29)=が死亡、同僚記者が重傷を負った。このほか名古屋本社寮銃撃(同9月)、東京本社銃撃(同1月発生で10月発覚)、静岡支局爆破未遂(63年3月)、リクルート元会長宅銃撃(同8月)の各事件で「赤報隊」から犯行声明が出た。警察庁は5つの事件を広域重要116号事件に指定したが、平成15年3月までにいずれも時効が成立した。
産経新聞 2009.4.9 07:30

「手記」男性に90万円=週刊新潮「原稿料」-朝日新聞襲撃
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200904/2009040900405
 朝日新聞阪神支局襲撃事件(1987年)で、週刊新潮に「実行犯」として手記を寄せた男性に対し、新潮側が90万円を支払っていたことが9日、分かった。
 週刊新潮編集部によると、男性には「週刊新潮」の連載4回分と「新潮45」の1回分で計90万円を支払ったという。同部は「手記を掲載する以上、原稿料が発生するのは当然であり、通常の額だ」と説明している。
 手記の信ぴょう性をめぐっては、男性は9日発売の週刊文春で、同支局の襲撃を部下2人に指示したとした上で、自身にはアリバイがあり、実行犯であることを強く否定。朝日新聞も、男性の証言の矛盾点などを紙面で指摘し、新潮側に訂正と謝罪を求めている。
 週刊新潮編集部は取材に対し「男性は実行犯であると一貫して話してきた。インタビューを録音したテープによって証明できます」と回答し、新潮側がストーリーを作ったとする男性の主張を否定。手記掲載に至った経緯については、16日発売号で説明する方針。
(時事通信 2009/04/09-13:05)


スポンサーサイト
気になるニュース / 2009/04/09 10:22
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
梨元勝、草野仁がワイドショーの「新聞棒読み」批判
http://news.ameba.jp/domestic/2007/11/8962.html
 ワイドショー番組で「○○新聞のX面です。こちらの記事を御覧下さい」と、アナウンサーが新聞記事を読み上げるコーナーはもはや定番だが、同コーナーの元出演者で芸能リポーターの梨元勝が、先週発売の「週刊文春」に「『ワイドショー』新聞棒読みをやめろ!」という一文を寄せ、話題を呼んでいる。
 元々テレビ朝日が、朝のワイドショーの1コーナーとして始めたこの手法。後に『やじうまワイド』として単独で番組になるほど好評を博したが、梨元は「記事についてコメンテーターが意見を戦わせ、解説の要素が入ったのが視聴者に受け入れられた」ものの、「(最近のテレビ局は)捏造などの問題で事なかれ主義になり、責任はよそのメディアに背負わせてしまえばいいんだと(思っている)」と述べている。
 奇しくも「文藝春秋」の12月号では、14年にわたって『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の司会を務めた草野仁も、「ワイドショーは死んだ」という題名で「新聞紙面を読み上げるコーナーは、テレビ局本来のプライドを失わせるもの。テレビ局という大組織で予算もありながら新聞を読み上げるのは、自分たちの取材力がないと白状しているようなもの」と述べており、テレビ局の安易な姿勢に警鐘を鳴らしている。
11月29日 11時29分 アメーバニュース

 最近、TBSの取材のひどさが目に付きます。最後にありきたりの「台詞」を言えばいいという感じで、本当に取材しているのかなとよく感じます。きっとそれが最も現れたのが、みのもんたの番組なんでしょう。
気になるニュース / 2007/11/29 15:27
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
電車の運転手はどのようにウンコ対策をしているか?
http://news.ameba.jp/2007/09/7139.php
 先日JR西日本の運転手が運転中に運転室で脱糞してしまい、電車が止まったことを紹介したが、運転手はどのようにしてウンコ対策をしているのだろうか。JR東海の社員に聞いてみた。
「ウンコ対処法は、基本は“我慢するしかない”ということです。“とにかく耐えろ”というのが上からの命令ですね。でも、こんなのムリじゃないっすか! ただ、最近では、本当にどうしようもないときのために、“ミニマルちゃん”という子供用のおまるセットを用意する人がけっこういます。
 本来はアウトドアや災害時に使うものだと思うのですが、運転手にとって途中で催したらそれは“災害”ですよ。これを使えばニオイも消えるし、袋にいれて、そのままポイッとできる。広げると大きくなりますが、普段はペチャンコにして鞄に入れることができます。あとは、急激に訪れた便意を止める薬の“ストッパ”を持っている人もいます」
「我慢するしかない」というのは酷な話ではあるが、運転手の皆さんは自衛策を講じ始めているようだ。
「おなかが痛く、どうしようもなかったら、本部に連絡をいれます。“どうしようもなく我慢できないから交代してください!”と言ったら交代してくれることもあります。あと、新幹線の“こだま”であれば、用を足すことができます。走っている時はトイレに行くことは禁止されていますが、“こだま”は色々な駅で止まるし、数分間停車することもあります。その時間に用を足すことは許されているのです」
 また、「これは裏技で本来はやってはいけないのですが…」という新幹線運転手の対処法が、車掌に代わってもらうこと。運転のできる車掌もいるようで、その人に“代わってくれ、もうダメだ”と言うことによって、運転を代わってくれるケースもあるのだという。
「でも、これは絶対にやってはいけないことです。処罰の対象になりますよ。場合によっては、蹴落としたい相手がたまたま“代わってくれ”と言ったらそれとなくその事実が上に伝わるようにし、その運転手が怒られるよう仕向けることもあるそうです」。
 人の命を預かる職業だけに、運転手は「尿~意ドーン」、「行っトイレ~」などと気軽にはできないようだ。

アメーバニュース 9月17日 17時25分
気になるニュース / 2007/09/18 12:45
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
「金要求された」と自殺高3が遺書 同級生を逮捕 神戸
http://www.asahi.com/national/update/0917/TKY200709170121.html
 神戸市須磨区の私立高校で今年7月、同校3年の男子生徒(18)が飛び降り自殺した事件で、生徒のズボンのポケットから、同級生5人の名前とともに「金を要求された」などと書かれた遺書が見つかっていたことが17日、兵庫県警の調べでわかった。県警は同級生の嫌がらせが、自殺につながった可能性があるとみて、名指しされた同級生1人(17)を恐喝未遂容疑で逮捕した。
 調べでは、自殺した生徒は7月3日午後2時前、5時間目の授業中に「トイレに行きたい」と教室を出て、その直後に、校舎脇のコンクリート地面で後頭部から血を流して倒れているのを、教師が見つけた。校舎の連絡通路から飛び降りたらしい。
 ズボンのポケットからA4判3枚の遺書が見つかった。同級生5人の名前と、「ウソを言ったら罰金1万円と約束してしまった。数万円たまってしまったが払えない。成績も下がり、死ぬしかない」などと書かれていたという。
 県警の調べに、同級生5人は「遊びのつもりだった」と話したという。県警が同級生の携帯電話のメールの記録を調べたところ、再三にわたり、現金を要求する趣旨の内容が、自殺した生徒に送信されていたという。
 同校の教頭は「同級生とのやりとりはささいなことで、いじめという認識はない。理由はまったく不明だ」と話した。

朝日新聞 asahi.com(2007年09月17日15時07分)


学校会見「サイン見逃した」 生徒逮捕で一転謝罪
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000631450.shtml
 神戸市内の私立高校で飛び降り自殺した三年生男子生徒=当時(18)=への日常的な嫌がらせが発覚し、恐喝未遂容疑で同級生の少年(17)が兵庫県警に逮捕された事件を受け、私立高校の校長らが十七日、記者会見した。当初、嫌がらせを否定していた学校側は席上、「逮捕容疑を聞く限り、いじめと取られても仕方がない」とし「亡くなった生徒のサインを見逃したと思う」と謝罪した。
 会見は二度に及んだ。嫌がらせが発覚し、午前中に開いた一回目では、教頭が「報道は寝耳に水。聞き取り調査で、いじめの事実は見つからなかった」とした。
 しかし、午後一時すぎ、県警から学校に「同級生を逮捕した」との連絡が入った。同五時からの二回目で、校長が冒頭「生徒が逮捕され、迷惑をかけた」と陳謝。容疑の金銭要求について「自殺と関係があると断定できないが、(いじめは)あったかもしれない」と説明を一転させた。
 学校側によると、逮捕された少年は、亡くなった生徒と二年生の時から同じクラス。同級生五人で結成した球技チームのメンバーで、生徒と特に仲が良かったという。
 罰ゲームと称し「うそをついたら一万円払え」と現金を脅し取ろうとした-とされる容疑内容について、学校は生徒が自殺した七月、クラスメートらを対象にした聞き取り調査で、「そのようなゲームをしていた」と聞いていたが「恐喝とは認識していなかった」と説明。逮捕された少年を含め四人のチームメートも関与を認めたが「冗談のつもりだった」との釈明を信じたという。
 しかし、七月下旬に亡くなった生徒の両親に調査結果を報告した際、遺書に金銭を要求されていた-との内容があったことを遺族から聞かされたにもかかわらず、名前の挙がった生徒にそれ以上聞き取りはしなかった。
 学校側は逮捕された少年の処分を検討。十八日、学年集会で全校生徒に説明し、あらためて同級生らから聞き取りする。

「嫌がらせ周知の話」同級生
 自殺した男子生徒への恐喝未遂容疑で、同級生の少年が逮捕された事件は、少年の通う私立高の生徒に波紋を広げた。
 少年と同じ三年生の男子生徒(17)は「亡くなった生徒が嫌がらせを受けていたことは、生徒の間で周知の話。同級生が逮捕されても驚かない」と語り「これまで嫌がらせがないと説明してきた学校は、真相を調べてほしい」と訴えた。部活で学校に来ていた一年生の男子生徒(16)は「新聞で嫌がらせを初めて知った。自分の高校でこんなことが…」と声を落とした。

神戸新聞 2007/09/18


神戸市私立滝川高校 5時限目の授業中に高3男子が飛び降り自殺
http://eduon.jp/news/crimes/20070704-000143.html
 7月3日午後2時頃、神戸市須磨区の私立滝川高校で3年生の男子生徒(18)がが後頭部から血を流して横っているのが見つかり、頭を強く打っており病院に運ばれたがまもなく死亡した。
 ズボンのポケットに遺書らしきメモがあったことなどから、須磨署は飛び降り自殺とみて調査を進めている。
 生徒が倒れていたのは、6階建と5階建ての校舎の約2メートルのすき間。両校舎を結ぶ通路が各階にあり、高さ約1・5メートルのさくがあった。いずれかの階の通路から落ちたとみられる。
 学校側の説明によると、生徒は5時限目の授業中に「トイレに行きたい」と教室を出て行き、その直後に倒れているのを通りかかった教師が見つけたとのこと。
徳元啓男教頭は「いじめやトラブル、進路についての悩みがあったとは聞いていない」と話した。

教育ポータルサイトeduon 2007年07月04日15時02分
気になるニュース / 2007/09/18 12:13
コメント⇒0 / トラックバック⇒2

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。